痩せているのにお腹が出ている理由は?

 

夏

今年の夏こそダイエットを成功させたい、今年こそお腹を引き締めたいと薄着になる季節はスタイルが気になり始める方が多いですよね。

 

 

ダイエット

 

女性の中には全体的には細身なのにお腹だけがどうしても出ている、と悩んでいる方も多いと思います。
痩せているのにお腹が出ている原因の一つに内臓下垂があげられます。

 

これはお腹の中の様々な臓器が下腹部の方に下がってしまう状態です。胃下垂など、聞いたことはないでしょうか?
これも内臓下垂の一つで胃が本来あるべき位置より下がってしまっている状態ですね。

 

内臓はお腹の筋肉に支えらえて、本来の位置におさまっていますが筋肉が弱ることによって支える力が弱くなり段々と下がってしまいます。
内臓下垂の人はご飯を食べた後、下がった胃が膨らみ下腹がポッコリ出てしまいます。
これは筋肉を鍛えることによって自然と正しい位置に内臓を元に戻すことが出来ます。

 

まず下腹部の筋肉を鍛えましょう。
下腹部の筋肉鍛えるには学校で習ったような寝転がって上半身を上げるような腹筋ではなく、足を上下に上げ下げする腹筋が有効です。

 

まず寝転がって、両足を揃えて90度に上げます。
90度に上げれない方は、自分があげれる精一杯の角度で構いません。
それをゆっくり床に近づけて下げます。
足を上げるときに息を吸って、下げるときに息を吐きます。

 

床と足の角度が15度くらいのところで30秒ほどキープして下さい。
キープしている間もゆっくりと呼吸をして、息を止めないようにしましょう。
ポッコリお腹解消目指して、頑張りましょう。